最北の地で過去を失った男が どこかにある理想郷で ただひたすら歩きつづける 中身のない話


このネタをメール送信
←漱石くんトップへ
←マイクロ小説トップへ

(c)TOMAKI