イタズラ好きの探偵が 場末の居酒屋で 最初は反発しあいながらも最後は惹かれあう 涙なしには語れない話


このネタをメール送信
←漱石くんトップへ
←マイクロ小説トップへ

(c)TOMAKI