結局、全ては水泡に帰した。暗い目をした男が 質屋で ひたすらトップを目指す 勇気の出る話


このネタをメール送信
←漱石くんトップへ
←マイクロ小説トップへ

(c)TOMAKI