いくら食べつづけても満腹感を得られない男が ニューヨークの路上で ぼんやりと過去の記憶を探る しゃれにならない話


このネタをメール送信
←漱石くんトップへ
←マイクロ小説トップへ

(c)TOMAKI