国際秘密組織のスパイだと信じ込んでいる妄想狂の男が 宝の隠し場所で 最初は反発しあいながらも最後は惹かれあう 幸せな気分になれる話


このネタをメール送信
←漱石くんトップへ
←マイクロ小説トップへ

(c)TOMAKI